2015年01月18日

もう1つの回避する方法=授業料の設定

【最終的に教え方にケチをつけられた〜】

 「HPの変更や追加などは自分でやりたい」という事で、月に1〜2回、1回1〜2時間位、2年以上、説明に行きましたが、「基礎知識のなさ」「理解力のなさ」「努力のなさ」により、十分な結果が得られず、最終的に教え方にケチをつけられて終了しました。

 前回、「回避する方法がなかったのか?」と、いくつかの方法を書きましたが、「授業料の設定というのも良い方法ではなかったか?」と後で気が付いたので、その辺を説明します。 HP作成の依頼を受けた時点では、こちらに「借り」はありましたが、「HPを作成して、数回、教えに行った」もしくは「1年、教えに行った」時点で「借り」は返していた筈ですが、その後も向こうから「来て欲しい」と言われて、「貸しは何かの形で帰してもらえるだろう」考えて、2年以上、ダラダラと教えに行った訳ですが、雑談は「何かにケチをつける話」がほとんどで、不愉快な思いをするだけで、また、向こうから、どんどん質問をしてくれば効果も上がったのでしょうが、ほとんど質問もなく、「すべて理解できたので質問がないのか?」と思ったら、実際は「何もわかっていない」という状態でした。

 「授業料をもらう」というのは、ただ単に「こちらが儲ける(貸しを作らない)」という意味だけではなく、次の様な3つの効果が期待できるからです。


【授業料の設定による3つのメリット】

《1》毎回、お金を払えば、真剣になった

 最初のメリットは、毎回、x千円の授業料を貰えば、「お金を払う以上、払った分の結果を出さないと損」と考えて、真剣になって、どんどん、質問してくる・・・という効果が期待できたでしょう。


《2》教え方が気に入らなかったら、もっと早くやめた

 最後には教え方のケチをつけられて終了した訳ですが、もし、毎回、授業料を払っていたら、本当に教え方が気に入らなかったのなら、もっと早く向こうから終了を提案したでしょう。 (「2年以上も教えに行って最後には教え方にケチをつけられて終了する」という不愉快な思いをせずに済んだでしょう)


《3》両者の立場を明確にする事が出来た

 2回の温泉ホテルへの旅行を、こちらはハッキリと『合宿』と言っていました。 『合宿』という言葉を使ったのは「遊び」ではなく、「レベルアップが目的」という意味があったからですが、実際、1回目の合宿で10〜20分ほど、説明したけど、その後、勝手に自分の作業を始めて、効果はほとんどなかったので「2回目の合宿はない」と思っていました。
 合宿でも「同じ様なレベルの人間が集ってレベルアップをする合宿」と「指導する側と指導される側がハッキリとしている合宿」があります。 後者には受験塾や予備校などの合宿などがあり、後者の場合、「指導する側」は合宿の費用は払わない(手当てをもらう)のが当たり前でしょう。
 今回の2回の合宿は(「同じ様なレベルの人間が集ってレベルアップをする合宿」ではなく)、「指導する側と指導される側がハッキリとしている合宿」でした。 向こうには、その認識がなかったので「高速道路代を考えて欲しい」と言い出したのでしょう。
 それまで授業料をもらっていれば「指導する側」と「指導される側」という事がハッキリして、「高速道路代を考えて欲しい」などと言い出す事もなく、不愉快な思いをする事もなかったでしょう。


posted by チェックマン at 21:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月31日

回避する方法はなかったのか?

【2年以上、教えに行ったが〜】

 「HPの変更や追加などは自分でやりたい」という事で、月に1〜2回、1回1〜2時間位、2年以上、説明に行きましたが、最後は教え方にケチをつけられて、こちらがメールを送っても何も返事をしなくなり、また、HPの作り方を理解していないのか、HPの更新もされておらず、『ほとんど無駄』に終わった感じですが、「こういう状況になる前に回避する方法はなかったのか?」について後で考えてみました。 もしかしたら、参考になる人もいるかも知れないので紹介しておきます。
【『やる気があれば出来る』と考えたのが間違い?】

 持論として、『やる気があれば、ある程度まで出来る』と考えており、本人に「HPの変更や追加などは自分で出来る様になりたいか?」と質問した所、「出来る様になりたい」と言ったので、変更や追加の方法を説明する事にしましたが、本人が「出来る様になりたい」と言っただけで『やる気がある』と判断したのが間違いだった様です。

 結果は「説明した事を理解していない」「理解する努力をしていない」「復習をしていない」という事で、長々と説明した事が無駄に終わったという事でしょう。


【本当にやる気があるか確認する方法】

 今から考えると「本当にやる気があるか確認する方法」として次の様な質問をすれば良かったと考えています。

 『HPがパソコンで表示される仕組みについて説明せよ』『インターネットで自分の医院をPRする為に必要な作業を説明せよ』

 『HPを作ってページ数が増えてくると画像データの増えてくるので、画像データの整理の方法について説明せよ』

 答できなく、2〜3週間かけて答えを考えてもらい、また、100%完璧に回答できなくても、50%も回答できれば上出来で、「HPを作るのには、こんな面倒な作業が必要なんだ」「それでも自分でやりたいと思うか?」という事を、この質問の回答により認識すれば良かったと思っています。 (おそらく、当時、この様な質問をしたら2〜3週間かけても25%も回答できなかったでしょう)


【最初の数回の説明が終わって〜】

 最初から数回の説明は必要だろうと思っていましたが、説明してもほとんど質問はなかったので理解できていると思って、効率の良いHPの作り方も説明しました。 数回の説明が終わり、「一通りの説明は終わった」と言って終了にしようと思ったけど、「わからない事が出てくるかも知れない」と、それ以降も続ける事にしました。

 「わからない事が出てくるかも知れない」と言われた時点で、説明の続行を回避する方法はちょっと思いつかないです。 説明を続行して、どんどん質問をしてくれば理解を深めて「終了」も近づいたのでしょうが、ほとんど質問はなかったです。

 そして、1年以上、説明に行った時点で、「ほとんど理解もしていない」「説明した事すら覚えていない」という事がわかりました。 また、説明に行って、向こうが話す雑談は「自慢話」か「何かにケチをつける話」ばかりで、ほとんど、「面白い」とか「役に立った」という話はなく、こちらが話した雑談にはケチをつけられ、説明に行っても、こちらがプラスになる事はなく、「貸し」が増えるるだけでした。


【このままではいけないと思って〜】

 このままでは理解度も低く、このままではいけないと思って、徹底的にわからない事を説明する機会として、近くの会員制の温泉ホテルで合宿する事を提案しました。 しかし、HPの作り方について、10分程、説明しましたが、それを元に自分のページ作り始めて、私の説明を聞かず、自分の作業をするのなら合宿の必要はないでしょう。

 「理解しているので聞く必要がない」のなら問題はないのですが、その後も基本的な事も理解していない頓珍漢な事を言っているのです。 そして、1回目の合宿から約半年後、向こうから合宿の提案をしてきたのです。

 1回目の合宿で(技術的なレベルアップにも効果は期待できず、雑談にケチをつけてくるので不愉快だったので)懲りていたので、最初は断ったのですが、ひつこく誘ってきたので、近々、行く予定のあった鳥羽に行く先を変更して、渋々、納得しました。


【時には思っている事を言う必要もある!?】

 向こうは、自分から「自分の車で高速を使って行けば良い」と提案し、事前に高速代等について何も言っていないのに、出発してから「高速代が高くかかるので考えて欲しい」と言い出したのです。 「何じゃいそれ!」と思い、本心としては「何にでもケチをつける不愉快な話を聞かされた上に、交通費まで払わされるのか?」と思いましたが、「考えて欲しい」と言われたので「バイクで来ればガソリン代は2千円位しかかからないし〜」と返答すると、「貴方も来る事に納得したのではないか?」と言い出したのです。 「来る事に納得した」という事に間違いないですが「渋々、納得した」だけです。

 この際、思っている事を話して、相手の言っている事に納得ができて、改善した方が良いと思った所なら改善し、納得できない事なら(二度と会わない事も含めて)その様な機会を作らない様にすれば良いでしょう。

 向こうは何を言い出したかと言えば「教え方が高飛車だ」、そして、「私が腹を立てたのは〜」と言って、1回目の合宿の後、お寺に立ち寄って「拝観料を自分で払わず、お礼も言わなかった」と言い出したのです。 確かに1回目の合宿では何にでもケチをつける話を不愉快に思っていたので、お礼も言わなかったでしょう。 こちらとしては、この事について「腹を立てた」という事は予想していなかったですが、結果的に「好ましい事だった」と思っています。 なぜなら、「腹を立てた」のなら「二度と、そういう場面を作らない」と考えて、いっしょに行く事もなければ、こちらも何にでもケチをつける話を聞かされて不愉快になる事もないからです。

 こちらが考えている事、「説明した事も覚えていない事」「何にでもケチをつける話を不愉快に思っている事」「毎回、教えに行っても、ケチをつける話を聞かされて、こちらは得るものはなく、貸しが増えている事」「今までトータルで貸しが増えている事」などを話そうとしたら、相手は「聞きたくない、聞きたくない」と言って耳を塞いで聞こうとしないのです。(まるで子供です)

 帰りの車の中で時間があったので、「ひとりごとだ。聞きたくなければ聞かなくても良い」と言って、思っている事の一部を話しました。 すると、相手は到着の数分前に「ひとりごとだ。聞きたくなければ聞かなくても良い」と言い出したのです。 数分前に言い出せば、自分の言いたい事だけ言って、こちらが反論する機会もないので、「聞きたくなければ聞かなくても良いのなら聞かない」と言ったのですが、最後にこちらを批判・非難する言葉を言って、こちらも「貴方はxx(それまでに話した卑劣な人間)の回し者か!」とだけ反論して車を降りたという結果になりました。

 「お互いに腹で思っている事を言って譲歩出来る所は譲歩する」という形で問題を解決しようとしたのですが、自分は相手を批判・非難だけをして、相手からの反論を聞こうとしない人間だったので、そういう方法で問題を解決する事もできませんでした。

 また、自分の努力不足を棚に上げて、教え方にケチをつけてくる人間に対して、「教え方が気に入らないのなら(自分の気に入る)プロの先生に教えてもらいなさい」と言うしかないでしょう。 (説明した事も覚えていない相手なのでプロの先生でも手を焼く事でしょう。また、その後、HPの更新はほとんどされておらず、ややこしいプログラムなどは使わないと忘れてしまうもので、結局、2年以上、教えに行った事も無駄になったでしょう)


【貸しと借りについて〜】

 こちらとしては2年以上、月1〜2回、教えに行って、何にでもケチをつける話を聞かされて、不愉快な思いをしたので、貸しの方が多い状態と考えています。 また、こちらが考えている「貸しを返してもらう」とは「(何にでもケチをつける話ではなく)有益な情報を聞く」というのも一例で、「技術的に自分と同じレベルになれば、HPの作り方について『こういう方法がある』『こういうやり方の方が簡単』という話も聞ける」というのも事も考えられ、技術レベルアップの為に「特訓合宿」を提案した訳ですが、10分程、説明しただけで、それで理解度が深まったかと言えば、まだまだ、初歩的な事も理解していない状態です。 (現在のレベルは小学生と大学生くらいの違いがあり、実際、「こんなソフトが便利」と紹介された事があるけど、使ってみると、それほど便利ではなく、役に立たなかったです。大学生が小学生から教えられる事はまずないでしょう)

 向こうは貸しと借りについて、どの様に考えているのでしょうか?  それについて、一度、ゆっくり話した方が良かったのですが、向こうは自分の言いたい事だけ言って、こちらが反論しようとすると「聞きたくない、聞きたくない」と言って、話を聞こうともしなかったので、相手の考えを機会はなかったです。 勝手に現状を想像すると、向こうは何にでもケチをつける人間なので「教え方が悪かったので、2年以上、教えに行っても何も身に付かなかった」と考えているのではないかと思います。


posted by チェックマン at 23:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月21日

どうして、2年以上も教えに行ったのか?

【HPの変更や追加などは自分でやりたい〜】

 「HPの変更や追加などは自分でやりたい」という事で、月に1〜2回、1回1〜2時間位、医院で説明する事にしましたが、今まで「基礎知識もない」「インターナット接続も用意しないない」「(復習もしておらず)一度、説明した事を覚えていない」など、その非常識さを指摘しましたが、そんな非常識な人間に「どうして、2年以上も教えに行ったのか?」という疑問を持つ人もいるでしょうから、その辺の経緯について説明します。


【最初は、数回、説明して終わるつもりだった】

 最初、数回、説明に行って一通り説明したら終了しようと考えていたら、「次回はx日はどうですか?」と言い出したので「一通りの説明は終わったけど次は何をする?」と質問すると「わからない事が出てくるかも知れないので〜」と言ったので、その次に行く約束をしました。

 それ以降、向こうから色々と質問があり、質問について説明すれば、理解も深まったのでしょうが、下らない質問(自分は使った事もないソフトの使い方を教えて欲しいなど)はあったものの、肝心な部分の質問はなく、「質問がないので理解した」と思ったら、大間違いでした。


【だらだらと説明を続ける】

 向こうから「終了にしましょう」と言えば終了にしましたが、いつも「次回は〜」と言って次回の約束をしようとするので、だらだらと説明に行く結果となりました。

 HPの作り方以外にも「教えて欲しい」と言われて、随分、色々教えました。 「半田付けの仕方」「ACアダプターの修理」「パソコンの電池の交換」「安いMP3プレーヤー」なども教えました。


【『借り』は返して『貸し』の状態に〜】

 最初、HPの作成の依頼を引き受けたのは『借り』の状態だったからですが、「HPの作成」「月1〜2回、1年以上、説明に行く」という状態で、明らかに『借り』は返して『貸し』の状態になってきました。

 何とか「貸し」を返してもらおうと、「他にHPの作成を考えている人がいたら業者の半値以下の値段で作る」という形で貸しを返してもらおうと考えたのですが、これも実現せず、結局、相手には「借りを返す」という認識がないので、「貸しを返してもらう」と考えた事自体が間違いだったようです。


【合宿を提案】

 近くの会員制の温泉ホテルがオフシーズンなら予約が取れそうなので合宿を提案しました。 合宿の目的はHPの作り方を徹底的に理解してもらう為です。

 所が、この時、雑談をしても「話にケチをつける」ので、こちらが雑談を控えると、向こうからホテルの事など色々と質問をしてきて、説明をすると、それに対してケチをつけてくるので「もう、その話はよい」と言いました。

 そして、HPの作り方について、10分程、説明しましたが、それを元に自分のページ作りを2〜3時間始めたのです。 自分のページを作り、私の説明を聞かないのなら、いっしょにいる必要はないでしょう。

 他に(お互いに)不愉快な事もあり、特にHPの作り方の説明もせず、横で自分の作業をするだけなら、いっしょに行く意味はないし、「二度と、こういう機会はないだろう」と考えていました。


【向こうから合宿の提案をしてくる】

 半年後くらいに「また、あのホテルの行きましょうか?」と言い出したので、私が「何の為に行くのか?」と聞くと「親睦を深める為」と言い出したので(こちらとしては雑談をしてもケチをつけられて不愉快だし、向こうの雑談を聞いて、こちらが役に立った事はないので)、「それなら意味はない。HPの作り方を理解する為なら意味がある」と言うと「それなら、それで行きましょう」という事になりました。

 しかし、結果は「色々な事にケチをつけられて、こちらは不愉快になり、また、HPの作り方についての質問もなく、ほとんど説明はしなかった」という状態です。

 そして、最後には向こうは例によって色々な事にケチをつけてきて、(自分の「基礎知識のなさ」「理解力のなさ」「努力のなさ」を棚に上げて)教え方にまでケチをつけてきて、こちらが反論をしようとしたら「聞きたくない。聞きたくない」と言い出して、自分は相手を批判・非難するのに、相手からの反論を聞こうとはしないのです。

 こうなれば、もう終わりですね。 それでHPの作り方を理解したかと言えば理解しておらず、必要な更新(毎月のカレンダーの掲載の方法を教えたけど10月のカレンダーのまま)もしていないです。 結局、「少しでも貸しを返してもらおう」と考えたのが間違いで、さらに貸しを増やして、ケチをつけられて不愉快な思いをして終わっただけでした。 それにしても、自分は相手を批判・非難しておいて、相手からの反論を「聞きたくない、聞きたくない」と言って聞こうとしない態度は『最低』と言えるでしょう。


posted by チェックマン at 16:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする