2014年11月29日

医院のHPの作成を引き受ける

【HP作成を引き受けるキッカケ】

 以前から雑談で「'96年からHPを作っている」という話をしていたら、「最近、業者から『医院のHPを作らないか? 作成費用20〜30万円、維持管理費月1万円』という売込みがある」という話をしていたので、「HPは自分で作れば10分の1以下の費用で出来る。業者が作ったのと比べると見劣りはするかも知れないけど、効果は10分の1以上はある」と言う話をしておきました。

 そんな話をしていると「それなら頼んでみようか?」と言われたので、「簡単なのなら1〜3時間で出来るので、一度、サンプルを作って持って来ようか?」と言ったら、「お願いします」という事なので、他の歯科医院のページも参考にしてサンプルをUSBメモリーに入れて持って行き、「医師や医院の経歴、その他、アピールしたい所などは、こちらではわからないので下書きを書けば、こちらで適当に作る」と言って渡しておきました。


【いつまで経っても下書きを書かない!?】

 しかし、いつまで経っても下書きを書かないのです。こちらも専門的な事はわからないし、サンプルが気に入らなかったのなら、それ以上、進めて無駄だし、本人の意向がわからなければ、どうすれば良いのかもわからず、下書きが出来るのを待つしかなかったです。


【1年以上、経って、突然、電話が〜】

 サンプルを入れたUSBメモリーを渡してから1年以上、経過してから、突然、自宅に「HPを作りたいけど、やってもらえるか?」という電話がありました。 そこで「渡したUSBメモリーを見て、医師や医院の経歴の部分の原稿を書けば、こちらで編集する」というと、「USBメモリーはどこに行ったかわからない」と言い出すのです。

 自分から依頼しておきながら、サンプルを入れたUSBメモリーを見もしないで「どこかに行ってしまった」と言うし、相手も忙しい時や暇な時がある筈なのに、そんな事も考えず、この様に自分の都合だけで行動する辺りから「普通の感覚の人間ではない」と気が付くべきでした。


【もう一度、サンプルを持って行く】

 もう一度、サンプルを持って行って、他に色々と決めてもらわない事があり、説明しました。
 「HPをどこで公開するのか?(無料の所、月100円程度の所、さらに高い所)」「作った後、変更や追加があるたびに、こちらで修正するのか? それとも自分でやるのか?」「アクセスアップの為に、どの位の手間や費用をかけるのか?」などで、いくつかの方法の特徴(長所、短所)など説明して、相手に決めてもらい、「自分で月100円程度の所と契約する」「変更や追加などは自分でやる」という事にしたのですが、相手に決めてもらったのが間違いでした。
 まず、一長一短の説明をしても、こちらが説明している意味を理解できるだけの基礎知識がなく、安易に返答をされた結果、その後の苦労はこちらが背負う事になったのです。(最初から、こちらから「Xのやり方で、費用はO円かかる」と言って「Yes」か「No」で返答してもらうべきでした)


【下書きを元にHPを作成して公開する】

 下書きを元にHPを作成したのですが、その下書きをWORDで文書に画像を埋め込んで作ってきたのですが(WORDに画像を埋め込むと画像を分離する必要があり)、文章と画像を別々に渡してもらった方が簡単でなのですが、そんな事を説明していると、また、余計な手間や時間がかかるので下書きをHTMLに変換してHPを作って公開しました。


【HPを公開して数日後に電話がかかてくる】

 HPを公開して数日後に電話がかかてきて、「Googleで検索しても自分のHPが表示されない」と言い出したのです。
 「HPを作れば、すぐにGoogleに登録されて多くのアクセスがある」と思い込んでいるみたいで、このあたりからも「考え方が自己中心的」「世の中は自分中心に動いている」という考え方の様です。(1年以上、原稿の下書きもせず、「早く効果を期待したいのなら早く原稿を書け」と言いたくなります)

 あまり詳しくない人に説明しますと、HPを作ったからと言って、すぐにGoogleに登録される訳ではなく、この時、私の作っている1日200〜300アクセルがあるブログ2つにリンクを貼ったので、かなり有利な筈なのに、そんな事も知らず、「Googleで検索しても表示されない」と言い出すのですから呆れ返りました。
 他にも「基礎知識のなさ」「呆れ返る事に連続」でしたが、それは、また、次回以降に説明します。


posted by チェックマン at 22:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: