2014年12月02日

下請け業者ではないぞ〜

【医院のHPの作成を引き受けて〜】

 前回、医院のHPの作成を引き受けた経緯を説明しましたが、「HPの変更や追加などは自分でやりたい」という事なので、「こちらで作ったHPのアウトライン」「変更や追加のやり方」を説明する事にしました。 1回1〜2時間位、数回も説明すれば良いだろうと思って、月に1〜2回、医院で説明する事にして、治療の後に説明する事もありました。 。


【少し凝った所】

 素人臭さをなくす為の方法の一つとして「動く画面を使う」という方法があります。 医院の外観、受付、診察室の様子を写真で紹介したい所ですが、あまり写真が多いとバランスが悪くなるので「3枚の写真を何秒か間隔で切り替える」という画面を作りました。

 すると「患者さんから診察室の写真が見苦しいと言われたので診察室の写真を削除して欲しい」と言われたのです。


【下請け業者ではないぞ〜】

 「作成費10〜30万円、維持費月1万円」とかを払っている下請け業者なら、そういう言い方をしても良いでしょう。 しかし、こちらは下請け業者ではないし、また、「教えて欲しい」と言われて教えに行っているのです。

 教えてもらっている立場なら(この様に指示をするのではなく)「3枚の写真を切り替えている所を変更するのは自分でも出来るだろうか? 出来るのなら教えて欲しい」という言い方をするものでしょう。 また、相手の気分を害さないように「患者さんから診察室の写真が見苦しいと言われた」という事は隠して、「自分で選んだ写真で作ってみたい」と遠まわしに(オブラートに包んで)言うものでしょう。


【ケチをつけるのが趣味なのか生き甲斐なのか?】

 自分が教えてもらっている立場なら、相手の気分を害さない様に少しは気を使うものですが、ハッキリと「患者さんから診察室の写真が見苦しいと言われたので診察室の写真を削除して欲しい」と言い出すのは、何かにケチをつける事が趣味なのか、それともケチをつける事に生き甲斐を感じているのではないかと思ってしまいます。

 他にも「教えてもらっている立場なのに図々しい」という例はいくつもあるので、その辺は、次回以降、説明します。


posted by チェックマン at 00:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: