2014年12月21日

どうして、2年以上も教えに行ったのか?

【HPの変更や追加などは自分でやりたい〜】

 「HPの変更や追加などは自分でやりたい」という事で、月に1〜2回、1回1〜2時間位、医院で説明する事にしましたが、今まで「基礎知識もない」「インターナット接続も用意しないない」「(復習もしておらず)一度、説明した事を覚えていない」など、その非常識さを指摘しましたが、そんな非常識な人間に「どうして、2年以上も教えに行ったのか?」という疑問を持つ人もいるでしょうから、その辺の経緯について説明します。


【最初は、数回、説明して終わるつもりだった】

 最初、数回、説明に行って一通り説明したら終了しようと考えていたら、「次回はx日はどうですか?」と言い出したので「一通りの説明は終わったけど次は何をする?」と質問すると「わからない事が出てくるかも知れないので〜」と言ったので、その次に行く約束をしました。

 それ以降、向こうから色々と質問があり、質問について説明すれば、理解も深まったのでしょうが、下らない質問(自分は使った事もないソフトの使い方を教えて欲しいなど)はあったものの、肝心な部分の質問はなく、「質問がないので理解した」と思ったら、大間違いでした。


【だらだらと説明を続ける】

 向こうから「終了にしましょう」と言えば終了にしましたが、いつも「次回は〜」と言って次回の約束をしようとするので、だらだらと説明に行く結果となりました。

 HPの作り方以外にも「教えて欲しい」と言われて、随分、色々教えました。 「半田付けの仕方」「ACアダプターの修理」「パソコンの電池の交換」「安いMP3プレーヤー」なども教えました。


【『借り』は返して『貸し』の状態に〜】

 最初、HPの作成の依頼を引き受けたのは『借り』の状態だったからですが、「HPの作成」「月1〜2回、1年以上、説明に行く」という状態で、明らかに『借り』は返して『貸し』の状態になってきました。

 何とか「貸し」を返してもらおうと、「他にHPの作成を考えている人がいたら業者の半値以下の値段で作る」という形で貸しを返してもらおうと考えたのですが、これも実現せず、結局、相手には「借りを返す」という認識がないので、「貸しを返してもらう」と考えた事自体が間違いだったようです。


【合宿を提案】

 近くの会員制の温泉ホテルがオフシーズンなら予約が取れそうなので合宿を提案しました。 合宿の目的はHPの作り方を徹底的に理解してもらう為です。

 所が、この時、雑談をしても「話にケチをつける」ので、こちらが雑談を控えると、向こうからホテルの事など色々と質問をしてきて、説明をすると、それに対してケチをつけてくるので「もう、その話はよい」と言いました。

 そして、HPの作り方について、10分程、説明しましたが、それを元に自分のページ作りを2〜3時間始めたのです。 自分のページを作り、私の説明を聞かないのなら、いっしょにいる必要はないでしょう。

 他に(お互いに)不愉快な事もあり、特にHPの作り方の説明もせず、横で自分の作業をするだけなら、いっしょに行く意味はないし、「二度と、こういう機会はないだろう」と考えていました。


【向こうから合宿の提案をしてくる】

 半年後くらいに「また、あのホテルの行きましょうか?」と言い出したので、私が「何の為に行くのか?」と聞くと「親睦を深める為」と言い出したので(こちらとしては雑談をしてもケチをつけられて不愉快だし、向こうの雑談を聞いて、こちらが役に立った事はないので)、「それなら意味はない。HPの作り方を理解する為なら意味がある」と言うと「それなら、それで行きましょう」という事になりました。

 しかし、結果は「色々な事にケチをつけられて、こちらは不愉快になり、また、HPの作り方についての質問もなく、ほとんど説明はしなかった」という状態です。

 そして、最後には向こうは例によって色々な事にケチをつけてきて、(自分の「基礎知識のなさ」「理解力のなさ」「努力のなさ」を棚に上げて)教え方にまでケチをつけてきて、こちらが反論をしようとしたら「聞きたくない。聞きたくない」と言い出して、自分は相手を批判・非難するのに、相手からの反論を聞こうとはしないのです。

 こうなれば、もう終わりですね。 それでHPの作り方を理解したかと言えば理解しておらず、必要な更新(毎月のカレンダーの掲載の方法を教えたけど10月のカレンダーのまま)もしていないです。 結局、「少しでも貸しを返してもらおう」と考えたのが間違いで、さらに貸しを増やして、ケチをつけられて不愉快な思いをして終わっただけでした。 それにしても、自分は相手を批判・非難しておいて、相手からの反論を「聞きたくない、聞きたくない」と言って聞こうとしない態度は『最低』と言えるでしょう。


posted by チェックマン at 16:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: