2014年11月20日

下らない雑談に気をつけて!?

【下らない雑談には閉口】

 京都北白川の佐藤歯科医院は歯科の技術としては平均的だと思われますが、大半が「自分の自慢話」か「何かにケチをつける下らない話」をしてくるのには閉口します。
 しかし、その対応を間違えると不愉快な思いをするので、まず、そのあたりから説明したいと思います。


【自慢話にはヨイショで対応】

 あれこれ自慢話をしてきたら、下らない話でも我慢して話を聞いて、ヨイショで対応 しましょう。 「凄いですね」「素晴らしいですね」と心にもない事を言っておけば相手は喜ぶでしょう。
 もし、下手に、自分の意見を言ったり、批判的な事を言って、相手の機嫌を損ねる事になれば、その後、どの様なお返しが返ってくるかわからないと考えた方が良いでしょう。


【自分の事を話しする時は気をつけて!?】

 相手が色々と質問をしてきても自分の事を話しする時は気をつけた方が良いでしょう。
 普通に考えて、「この位の事は話しても良いだろう」と考えても「相手はケチをつける事については天才的な才能を持っている人間」と考える必要があり、どの様な角度からケチをつけてくるかわからないと覚悟しておいた方が良いでしょう。


【一例をあげると〜】

 世の中には「苦情を言いたくなる事」は色々あると思います。 そういう一般的な苦情を話すると「貴方のまわりにはトラブルが多いね」と言い出すのです。
 普通、「そんな事もあるのか〜」と聞き流す様な事も、ケチをつけるネタにして、さらに何か気に入らない事があると分の機嫌の悪「貴方のまわりにトラブルが多い理由がわかった」と言い出して、「貴方は悪い」「自分は正しい」「だから自分の気に入らない事は言うな〜」と言うネタに使ってくるのです。


【次回から、さらに具体的に説明します】

 最初なので概略を説明しましたが、次回から、もっと具体的に「こんな事があった」という事を説明して行きたいと思います。
 ちなみに、この様な事を書く前に本人には「XXについては○○の理由でおかしいんじゃないですか?」と本人にメールを送っても何も返事はなく、無視されて、さらに「貴方のやった事を口コミのサイトやブログで書きますよ」と連絡しても何も返事がないので、この様な形で公開する事にしました。


posted by チェックマン at 22:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月29日

医院のHPの作成を引き受ける

【HP作成を引き受けるキッカケ】

 以前から雑談で「'96年からHPを作っている」という話をしていたら、「最近、業者から『医院のHPを作らないか? 作成費用20〜30万円、維持管理費月1万円』という売込みがある」という話をしていたので、「HPは自分で作れば10分の1以下の費用で出来る。業者が作ったのと比べると見劣りはするかも知れないけど、効果は10分の1以上はある」と言う話をしておきました。

 そんな話をしていると「それなら頼んでみようか?」と言われたので、「簡単なのなら1〜3時間で出来るので、一度、サンプルを作って持って来ようか?」と言ったら、「お願いします」という事なので、他の歯科医院のページも参考にしてサンプルをUSBメモリーに入れて持って行き、「医師や医院の経歴、その他、アピールしたい所などは、こちらではわからないので下書きを書けば、こちらで適当に作る」と言って渡しておきました。


【いつまで経っても下書きを書かない!?】

 しかし、いつまで経っても下書きを書かないのです。こちらも専門的な事はわからないし、サンプルが気に入らなかったのなら、それ以上、進めて無駄だし、本人の意向がわからなければ、どうすれば良いのかもわからず、下書きが出来るのを待つしかなかったです。


【1年以上、経って、突然、電話が〜】

 サンプルを入れたUSBメモリーを渡してから1年以上、経過してから、突然、自宅に「HPを作りたいけど、やってもらえるか?」という電話がありました。 そこで「渡したUSBメモリーを見て、医師や医院の経歴の部分の原稿を書けば、こちらで編集する」というと、「USBメモリーはどこに行ったかわからない」と言い出すのです。

 自分から依頼しておきながら、サンプルを入れたUSBメモリーを見もしないで「どこかに行ってしまった」と言うし、相手も忙しい時や暇な時がある筈なのに、そんな事も考えず、この様に自分の都合だけで行動する辺りから「普通の感覚の人間ではない」と気が付くべきでした。


【もう一度、サンプルを持って行く】

 もう一度、サンプルを持って行って、他に色々と決めてもらわない事があり、説明しました。
 「HPをどこで公開するのか?(無料の所、月100円程度の所、さらに高い所)」「作った後、変更や追加があるたびに、こちらで修正するのか? それとも自分でやるのか?」「アクセスアップの為に、どの位の手間や費用をかけるのか?」などで、いくつかの方法の特徴(長所、短所)など説明して、相手に決めてもらい、「自分で月100円程度の所と契約する」「変更や追加などは自分でやる」という事にしたのですが、相手に決めてもらったのが間違いでした。
 まず、一長一短の説明をしても、こちらが説明している意味を理解できるだけの基礎知識がなく、安易に返答をされた結果、その後の苦労はこちらが背負う事になったのです。(最初から、こちらから「Xのやり方で、費用はO円かかる」と言って「Yes」か「No」で返答してもらうべきでした)


【下書きを元にHPを作成して公開する】

 下書きを元にHPを作成したのですが、その下書きをWORDで文書に画像を埋め込んで作ってきたのですが(WORDに画像を埋め込むと画像を分離する必要があり)、文章と画像を別々に渡してもらった方が簡単でなのですが、そんな事を説明していると、また、余計な手間や時間がかかるので下書きをHTMLに変換してHPを作って公開しました。


【HPを公開して数日後に電話がかかてくる】

 HPを公開して数日後に電話がかかてきて、「Googleで検索しても自分のHPが表示されない」と言い出したのです。
 「HPを作れば、すぐにGoogleに登録されて多くのアクセスがある」と思い込んでいるみたいで、このあたりからも「考え方が自己中心的」「世の中は自分中心に動いている」という考え方の様です。(1年以上、原稿の下書きもせず、「早く効果を期待したいのなら早く原稿を書け」と言いたくなります)

 あまり詳しくない人に説明しますと、HPを作ったからと言って、すぐにGoogleに登録される訳ではなく、この時、私の作っている1日200〜300アクセルがあるブログ2つにリンクを貼ったので、かなり有利な筈なのに、そんな事も知らず、「Googleで検索しても表示されない」と言い出すのですから呆れ返りました。
 他にも「基礎知識のなさ」「呆れ返る事に連続」でしたが、それは、また、次回以降に説明します。


posted by チェックマン at 22:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月02日

下請け業者ではないぞ〜

【医院のHPの作成を引き受けて〜】

 前回、医院のHPの作成を引き受けた経緯を説明しましたが、「HPの変更や追加などは自分でやりたい」という事なので、「こちらで作ったHPのアウトライン」「変更や追加のやり方」を説明する事にしました。 1回1〜2時間位、数回も説明すれば良いだろうと思って、月に1〜2回、医院で説明する事にして、治療の後に説明する事もありました。 。


【少し凝った所】

 素人臭さをなくす為の方法の一つとして「動く画面を使う」という方法があります。 医院の外観、受付、診察室の様子を写真で紹介したい所ですが、あまり写真が多いとバランスが悪くなるので「3枚の写真を何秒か間隔で切り替える」という画面を作りました。

 すると「患者さんから診察室の写真が見苦しいと言われたので診察室の写真を削除して欲しい」と言われたのです。


【下請け業者ではないぞ〜】

 「作成費10〜30万円、維持費月1万円」とかを払っている下請け業者なら、そういう言い方をしても良いでしょう。 しかし、こちらは下請け業者ではないし、また、「教えて欲しい」と言われて教えに行っているのです。

 教えてもらっている立場なら(この様に指示をするのではなく)「3枚の写真を切り替えている所を変更するのは自分でも出来るだろうか? 出来るのなら教えて欲しい」という言い方をするものでしょう。 また、相手の気分を害さないように「患者さんから診察室の写真が見苦しいと言われた」という事は隠して、「自分で選んだ写真で作ってみたい」と遠まわしに(オブラートに包んで)言うものでしょう。


【ケチをつけるのが趣味なのか生き甲斐なのか?】

 自分が教えてもらっている立場なら、相手の気分を害さない様に少しは気を使うものですが、ハッキリと「患者さんから診察室の写真が見苦しいと言われたので診察室の写真を削除して欲しい」と言い出すのは、何かにケチをつける事が趣味なのか、それともケチをつける事に生き甲斐を感じているのではないかと思ってしまいます。

 他にも「教えてもらっている立場なのに図々しい」という例はいくつもあるので、その辺は、次回以降、説明します。


posted by チェックマン at 00:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする